2011年05月28日

ロンドン五輪2012 建設進むオリンピックパーク

2012年7月に開幕するロンドン五輪まで1年余り。同市東部の寂れた工業地帯がいま、建設費1兆円をかけオリンピックパークとして劇的に変化している。

高く伸びるモニュメントにハイテクドーム、近代的集合住宅の前を新交通システムが行き交う様は未来都市さながらだ。スタジアム.jpg

一方で地域を貫くリー川沿いには緑があふれ、多くの橋が各エリアを結ぶ。

革新とサステイナブル、そして地域再生を三大目標に掲げ建設の進むオリンピックパークを訪ねた。ヴェロドーム.jpg
ラベル:ロンドン五輪
posted by くりおね at 21:16| Comment(0) | ロンドンオリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

日本、ロンドンで金17個?! 英国オリンピック委員会の試算

ロンドン五輪.jpgロンドンで日本は大躍進?英国オリンピック委員会(BOA)は23日、五輪競技の昨年の成績に基づいて独自に試算した、ロンドン五輪の仮想国別メダルランキングを公表した。日本は過去最多の金17個で08年北京五輪の9個からほぼ倍増。順位も8位から6位へ浮上すると出た。銀9、銅21と合計でも最多の47個。1年後の本番に向け、心強いデータだが、果たして…。

 メダル獲得の仮想ランキングは、昨年の世界選手権などの世界規模の大会や各競技の世界ランクを基にBOAが作成したもので、1位は金40個の米国で、2位は34個の中国、3位は29個のロシア。地元英国は金19個でフランスと並んだが、総数では4個上回り、目標とする北京と同じ4位につけている。

 しかし、驚くべきは6位の日本だ。メダル獲得競技名は明らかにされていないが、金17個は64年東京、04年アテネの16個をしのぐ最多。メダル獲得総数でも、ロンドンより2競技多かったアテネの37個を大きく上回り、47個の史上最多になるというデータが出た。

 日本オリンピック委員会(JOC)は、01年に策定した「ゴールドプラン」をステージ2に進化させて中長期的な強化計画を推進している。その目的は16年リオデジャネイロ五輪で金メダル獲得数世界3位に浮上すること。だが、JOCの情報戦略部門が行っている戦力分析でも、ロンドンの金メダルは10個前後。17個は想像以上に高い評価といえる。

 実際には、昨年が夏季五輪の中間年にあたり、正確な戦力分析と呼べるかどうかは不明。さらに、柔道の世界選手権の影響も大きい。地元東京で行われた昨年大会では、男女計16階級で10個の金メダルを獲得。この大会では各階級2人ずつが出場できたため、メダル総数も23個に上った。これが計14階級に各国1人ずつとなる五輪で、同様の結果を出せるかは未知数だ。BOAの試算は「絵に描いた餅」となるのか、実現できるのか。多くの競技で五輪出場権がかかる今年の世界選手権こそ、それを占う舞台となりそうだ。
ラベル:日本 ロンドン
posted by くりおね at 05:03| Comment(0) | ロンドンオリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

【近代五種女子】山中詩乃と黒須成美で初の五輪出場権獲得

ロンドン五輪出場権を懸けた近代五種のアジア選手権は19日、中国の成都で行われ、女子で20歳の山中詩乃(自衛隊)が5位、19歳の黒須成美(フリー)が6位となり、2000年シドニー五輪から正式種目となった女子で日本人初の五輪出場を決めた。

近代五種はフェンシング、水泳、馬術、射撃、ランニングで争う。

少数精鋭で山中、黒須を集中的に強化した日本協会の戦略が実を結んだ。
近代五種女子a.jpg
 ロンドン五輪の出場権獲得を目指し、協会は昨年から2人をワールドカップ(W杯)全戦に参戦させた。当初はまったく歯が立たなかったが、世界との距離を肌で感じ、フェンシングや馬術など苦手種目を強化して総合力をアップした。

 山中(写真左)は高校卒業後に陸上から転向し、競技歴はまだ1年半。経験不足は否めないが、コーチ陣の予想を上回る急成長で抜てきに応えた。

北京オリンピック映像大全集 DVD-BOX(4枚組)...

北京オリンピック映像大全集 DVD-BOX(4枚組)...
価格:5,880円(税込、送料別)



期待されながら北京五輪出場を逃した黒須(写真右)は、東日本大震災で茨城県内の練習拠点が使えなくなる逆境を乗り越え、悲願の五輪出場権を獲得した。 
ラベル:近代五種
posted by くりおね at 21:45| Comment(0) | ロンドンオリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。