2011年10月23日

松下桃太郎 カヌーでロンドンオリンピックへ

松下桃太郎.jpg小松市出身の松下桃太郎選手は、渡辺大規選手とペアを組んで15日にイランのテヘランで行われたロンドンオリンピックアジア大陸最終予選会・アジアカヌースプリント選手権の男子200mカヤックペアに出場しました。

松下、渡辺ペアは見事優勝し、日本のオリンピック出場枠を獲得しました。
そして、18日、日本カヌー連盟が理事会を開き、松下、渡部ペアのロンドンオリンピック出場を正式に決めました。

松下選手は1988年生まれの23歳、高校時代から注目を集め、2006年のカヌー日本選手権で3種目制覇を果たしました。なお、オリンピック出場は初めてとなります。
posted by くりおね at 14:26| Comment(0) | ロンドンオリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【世界体操】日本男子が五輪出場権獲得 予選6班終了で団体首位

内村航平b.jpg体操のロンドン五輪予選を兼ねた世界選手権第4日は10日、東京体育館で男子予選の6班までを終了し、団体総合で33年ぶりの優勝を目指して9日に合計364・291点で演技を終えた日本は6チームを残して暫定首位で8位以内が確定し、五輪出場権を獲得した。
 日本は2位の米国とともに12日の決勝進出も決まった。5連覇がかかる中国は最終8班で演技。

 個人総合は各国・地域2人までの上位24人が決勝に進出し、史上初の3連覇に挑む内村航平(コナミ)が合計92・256点で首位、山室光史(コナミ)が4位。

 日本男子は10日、練習会場の国立代々木競技場で調整し、内村らがストレッチなどで体をほぐした。9日の予選の床運動で頭部を強打した田中佑典(順大)は大事を取って休養した。



ラベル:世界体操
posted by くりおね at 14:18| Comment(0) | 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

土屋毅明ら五輪代表に決定 総合馬術団体

土屋毅明.jpg 日本馬術連盟は19日、東京都内で理事会を開き、9月の地域予選会で出場枠を獲得したロンドン五輪の総合馬術団体の代表に土屋毅明(フリー)と佐藤賢希(明松寺馬事公苑)を決定した。

土屋は1996年のアトランタ大会、2000年のシドニー大会に続いて3度目の、佐藤は初の五輪出場となる。

 五輪の団体には最大5選手の派遣が可能で、上位3人の成績で争う。日本連盟は来年5月までの国際連盟公認の競技会の成績を基に、残り3枠を決めるとしている。
ラベル:土屋毅明 馬術
posted by くりおね at 21:59| Comment(0) | 馬術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。