2011年05月11日

【アーチェリー 日本代表選考会】山本先生・世界選手権代表逃す 古川、早川浪が1位

アーチェリーの世界選手権(7月、イタリア・トリノ)代表を決める最終選考会最終日は10日、静岡県掛川市のつま恋多目的広場で行われ、3日間の合計得点で争うリカーブの男子でアテネ五輪銀メダリストの48歳、山本博(日体大教)は3734点の9位に終わり、代表入りを逃した。
山本博b.jpg
世界選手権は来年のロンドン五輪出場枠が懸かり、出場枠を獲得した選手が五輪代表に内定するため、山本の2大会ぶりの五輪出場は難しくなった。

 男女の上位3人が世界選手権代表に決まり、男子はアテネ、北京両五輪に出場した古川高晴(近大職)が3857点で1位。
末武寛基(近大)が2位、菊地栄樹(デオデオ)が3位で続いた。
早川浪.jpg
女子は北京五輪6位の早川浪(渋谷アーチェリー)が1位で、妹の早川漣(長崎・佐世保商高職)が3位。川中香緒里(近大)が2位だった。(2011/05/10-17:49)

ラベル:早川浪 山本博
posted by くりおね at 09:01| Comment(0) | アーチェリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。