2011年10月02日

【ロンドン五輪アジア最終予選】日本 マレーシアに2―0 清武弘嗣から2発!

 サッカー男子のロンドン五輪アジア最終予選のC組第1節は21日、佐賀県の鳥栖スタジアムで行われ、U―22(22歳以下)日本代表はU―22マレーシア代表を2―0で破り、最終予選で白星スタートを切った。
山崎亮平.jpg
U―22日本代表は初戦でマレーシアと対戦。前半10分、フル代表と二足のわらじを履くMF清武弘嗣(21)=C大阪=のアシストからMF東慶悟(21)=大宮=が先制ゴールを決めると、後半31分には清武が起点となりMF山崎亮平(22)=磐田=が追加点。

先に出場を決めた「なでしこジャパン」との3大会連続となるアベック五輪出場へ、好スタートを切った。

 試合を決めたのは、やはり清武だった。
 関塚ジャパンを白星発進に導き「相手が思った以上に引いてきて難しい試合でしたけど、初戦を勝ったので、良かったです」。勝利のみを追い求めた初戦。スタンドから浴びせられる「清武コール」の中、安堵(あんど)の汗をぬぐった。




posted by くりおね at 21:42| Comment(0) | ロンドンオリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。