2012年03月14日

【サッカー五輪予選】2−0快勝で五輪切符

日本代表イレブン.jpgU−23(23歳以下)代表によるサッカー男子のロンドン五輪アジア最終予選は14日、各地で最終戦を行い、日本は3万6233人の観衆を集めた東京・国立競技場でバーレーンに2−0で快勝し、勝ち点15のC組首位で5大会連続9度目の五輪出場を決めた。

日本は最終予選5勝1敗で、ホームは3戦全勝。

 日本は序盤から主導権を握った。0−0の後半10分、原口(浦和)の左クロスを受けた扇原(C大阪)が右足で五輪予選初得点を決めた。4分後には東(大宮)の左クロスから、けがが治って先発に復帰した清武(C大阪)が豪快に蹴り込んだ。

 ロンドン五輪には16チームが出場。4組に分かれて1次リーグを行い、各組上位2チームが準々決勝に進む。既にブラジルやスペインなどが出場権を得ている。
posted by くりおね at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。