2012年04月17日

澤穂稀選手と北島康介選手がオリンピックに向けて抱負を語る

 ロンドンオリンピック公式スポーツ飲料「アクエリアス」の記者発表会に、なでしこジャパンの澤穂稀選手と、水泳の北島康介選手が登場した。
アクエリアス.jpg
 アルガルベカップ以降、体調不良で試合から離れていた澤選手は、今の状態を「1ヶ月やっていないと色んなところが痛くなるんですけど、一番いい状態でリーグ戦に入りたいので、毎日トレーニングをしています」と話し、復帰に向けて良好な様子をうかがわせた。

 また、ロンドンオリンピックまで残すところ102日となったこの日、アクエリアスのテーマである「僕にはできる。」に合わせ、僕にはできる宣言をふたりが行なった。

 澤選手は「まずはコンディションを上げること。そして最終メンバーが18人という厳しい条件の中で、私にはできる、絶対に残ってみせるという気持ちで、日ごろからの練習、リーグ戦を頑張りたい。ロンドンでは、私たちはできるという強い気持ちを持って金メダルを目指し、しっかりと結果を残したい」と力強く語った。

 そして北島選手は「オリンピックで結果を残すことは僕も望んでいるし、それが僕にはできると思って、この残り100日間悔いのないように過ごして、言い訳しない結果を残したい。なので、見ていてください。僕がみせますので。僕がやるしかない!」と宣言。金メダルへの自信をみせた。
posted by くりおね at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ロンドンオリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。