2012年06月22日

【アーチェリー】日本が男女でロンドン五輪団体出場枠を獲得

oth12062209130001-p2.jpg アーチェリーのロンドン五輪世界最終予選は21日、米ユタ州オグデンで団体の決勝トーナメントを行い、菊地栄樹(エディオン)古川高晴(近大職)石津優(広島県協会)で組んだ男子の日本は準決勝で台湾を下し、上位3カ国・地域に与えられる団体出場枠を獲得した。五輪で2大会ぶりの団体出場となる。

 早川漣(長崎・佐世保商高職)蟹江美貴(ミキハウス)川中香緒里(近大)が組んだ女子の日本は3位決定戦でグルジアを破り、3大会連続の団体出場を決めた。

 同時開催のワールドカップ(W杯)団体で、日本は男子が1回戦、女子は準々決勝で敗れた。
posted by くりおね at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アーチェリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。