2012年08月10日

【サッカー女子】岩渕真奈 同点機を逃して涙「自分が決めていたら…」

岩渕真奈-p4.jpg岩渕真奈-p1.jpg1−2の後半32分から交代出場した岩渕は、その6分後に決定機を得た。相手ゴール前でボールを奪い、左から右隅を狙ってシュート。しかし、GKの好セーブに阻まれ「決めたかった。自分が決めていたら、試合も変わっていた」と試合後は涙があふれた。

 今大会のチーム最年少、19歳の小柄なストライカーは「申し訳ない」と敗戦の責任を背負い込み、首に銀メダルをかけられても1人だけ笑顔になれなかった。「いい経験をしたので、次は絶対に金メダルを取らないといけない」と4年後の雪辱を誓った。













posted by くりおね at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ロンドンオリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。