2012年08月11日

【新体操】日本は予選8位 12年ぶりの決勝進出

gym12081100180000-p1.jpg ロンドン五輪の第15日は、新体操競技の団体予選2日目の演技を行い、日本代表「フェアリージャパン」は1日目の演技とあわせ、53・025点をマークして8位。


1日目の暫定7位から順位を落としたが、2000年シドニー五輪以来12年ぶりの決勝進出を決めた。

 2日目はリボンとフープを使った演技を行い、日本は26・300点だった。


 出場12チーム中、2日間の演技の総合点で上位8チームが決勝に進出。12日の決勝に予選の得点は持ち越さない。
posted by くりおね at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ロンドンオリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。