2012年08月14日

五輪旗 リオに到着 市長「特別な4年間に」

リオデジャネイロ-p1.jpg 2016年に五輪が開かれるブラジル・リオデジャネイロのパエス市長は13日、12日のロンドン五輪閉会式でロンドンのジョンソン市長から引き継いだ五輪旗を携え、リオのガレオン国際空港に到着した。五輪旗は市内中心部に五輪パビリオンが完成するまでの間、市施設に掲げられる。

 空港で記者会見したパエス氏は「この4年間は特別な時間になる」と強調。準備遅れや治安問題が不安視されるリオ五輪に向け、対策を加速させる方針を示した。一方、同氏の到着に合わせ空港では、五輪準備で立ち退きを迫られた一部住民が抗議活動を行った。

 市によると、パエス氏は14日、首都ブラジリアに五輪旗を運び、ルセフ大統領と面会。15日には市中心部ボタフォゴ地区の市施設で五輪旗を掲げるセレモニーを行う。
posted by くりおね at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | リオオリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。