2012年08月15日

【ロンドン五輪】銀メダル女子選手の国籍剥奪を へそ露出で批判 チュニジア

 ロンドン五輪の陸上女子3000メートル障害で6日に銀メダルを獲得したチュニジアのグリビ選手に対し、ユニホームが反イスラム的だったとして国内のイスラム保守派が国籍剥奪を主張している。AP通信が14日伝えた。
チュニジアのグリビ.jpg
 グリビ選手は女子選手に一般的なへそが見えるセパレートのユニホームで出場。チュニジア女性初の五輪メダリストとなったが、保守派はインターネットの交流サイトなどで「肌を露出しすぎだ」と非難した。

 イスラム保守派はまた、オープンウオーター男子10キロで金メダル、1500メートル自由形で銅メダルに輝いたメルーリ選手について、ラマダン(断食月)なのに競技前にジュースを飲んだことも批判している。ラマダン中の五輪選手に関しては、旅行中のため断食しなくてよいとの解釈もある。

 チュニジアはアラブで最も西洋的な国の一つだが、昨年の革命後、イスラム保守派が台頭している。
posted by くりおね at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ロンドンオリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。