2011年04月14日

バスケットボール女子代表 五輪へ抱負

バスケットボール女子の日本代表が14日、代表としての活動開始を前に記者会見し、キャプテンの大神雄子選手は「8月のオリンピック予選で出場権を獲得し、日本に元気を与えられるように頑張りたい」と意気込みを述べました。
バスケットボール女子代表.jpg
バスケットボール女子の日本代表は、8月に長崎県で行われるロンドンオリンピックアジア地区予選で、2大会ぶりのオリンピック出場を目指しています。

14日は、日本代表の候補選手17人が代表としての活動開始を前に東京・北区のナショナルトレーニングセンターで記者会見を行いました。

候補選手のうち、ただ1人オリンピックの経験があるキャプテンの大神雄子選手は「被災した人たちは今も一生懸命、毎日を生きていると思う。そんななかで自分にできることは、バスケットをすることしかない。8月のオリンピック予選で出場権を獲得して、日本に元気や明るい話題を届けられるように頑張りたい」と意気込みを述べました。

また、震災で大きな被害を受けた福島県出身の高橋礼華選手は「日本代表として活躍することで、地元でお世話になった人たちに元気を与えられたらと思う」と話していました。

女子の日本代表チームは、15日から3日間、オリンピックの予選が行われる長崎県で合宿を行い、被災地の復興支援のための募金活動も行うことにしています。

モルテン(molten)バスケットボールジウジ...

モルテン(molten)バスケットボールジウジ...
価格:8,150円(税込、送料別)

posted by くりおね at 21:25| Comment(4) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。