2011年08月24日

【世界柔道】浅見八瑠奈が連覇 決勝で福見友子退ける…女子48キロ級

柔道の世界選手権が23日、当地で開幕した。
初日は男子60キロ、同66キロ、女子48キロの3階級を実施。女子48キロ級では、前回女王で23歳の浅見八瑠奈(コマツ)と、2大会ぶりの優勝を狙う26歳の福見友子(了徳寺学園職)が、前回に続いて決勝で対決。浅見が優勢勝ちし、連覇を果たした。

 男子66キロ級は海老沼匡(明大)が決勝でレアンドロ・クナ(ブラジル)を破り、初優勝を飾った。昨年の東京大会に続く連覇を狙った森下純平(筑波大)が3回戦でイーゴリ・ソロカ(モルドバ)に小外刈りで一本負けした。

 男子60キロ級の平岡拓晃(了徳寺学園職)は決勝で前回覇者のリショド・ソビロフ(ウズベキスタン)に敗れ銀メダルに終わった。初出場の山本浩史(日体大)は4回戦で敗れた。
浅見八瑠奈e.jpg
 ◇ロンドン五輪へまず一歩リード 23歳浅見

 来年のロンドン五輪に向けて大きな一歩を踏み出した。2大会連続で浅見と福見の日本人同士の対決となった女子48キロ級の決勝で、前回女王で23歳の浅見が2大会ぶりの優勝を狙った福見を破り、連覇を果たした。それは同時に、ロンドン五輪代表争いのリードを意味する。

 女王になっても積極的に攻める「らしさ」は忘れなかった。初戦の2回戦から小外掛け、払い腰と得意技を繰り出す。準々決勝、準決勝ではともに1分余りで仕留める。頂点に向け、徐々にギアを上げているようにも見えた。

 昨年は女王・福見を追う立場だった。恐れることを知らない思い切りのいい柔道で、初出場で世界の頂点に立った。昨年との心境の違いを聞かれた浅見は「負けられないという思いは強くなった。だけど、挑戦者の気持ちを忘れては前に進めない」と話す。技術面でも、背負い投げに磨きをかけて、進化を求めている。

 この階級での世界選手権連覇は、あの谷亮子以来となる。「一つ一つがロンドンにつながる試合。世界選手権もその一つだと思っている」と浅見。福見との一騎打ちの様相になったロンドン五輪の代表争いは来年5月まで続く。2人にとっては世界選手権は単なるプロローグに過ぎないのだろう。
posted by くりおね at 04:45| Comment(0) | 柔道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

【柔道グランドスラム】緒方亜香里が78キロ級で優勝

柔道のグランドスラム・モスクワ大会最終日は29日、モスクワで男女7階級が行われ、日本勢は女子で78キロ級の緒方亜香里(筑波大)が優勝した。緒方亜香里.jpg

70キロ級の田知本遥(東海大)が2位、78キロ超級の田知本愛(綜合警備保障)は3位だった。

 男子は90キロ級の西山大希(筑波大)が準優勝し、100キロ級の高木海帆(東海大)、81キロ級の中井貴裕(流通経大)はともに初戦の2回戦で敗れた。
posted by くりおね at 15:36| Comment(0) | 柔道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

【吉田秀彦】実業団監督に就任 「金メダリスト育てる」

柔道男子のバルセロナ五輪金メダリストの吉田秀彦氏(41)が12日、実業団のパーク24の柔道部監督に就任し、東京都内で記者会見を行った。吉田氏は「やるからには日本一のチームを作りたい」と目標を掲げた。28、29日の全日本実業団体対抗が監督としてのデビュー戦になる。吉田秀彦.jpeg

 吉田氏は昨年4月に総合格闘技から引退。全日本柔道連盟の規定により、プロ活動の終了から1年以上たったため、指導者登録が認められた。

 パーク24柔道部は創部2年目で部員は22人。来年秋には都内に専用道場が完成予定といい、吉田氏は「選手のいい面を伸ばすのが理想。ゆくゆくは五輪の金メダリストを育てたい」と抱負を語った。

同席した全柔連の上村春樹会長は「柔道界の追い風になる。新たなチャンピオンを育ててほしい」とエールを送った。

ラベル:吉田秀彦
posted by くりおね at 10:11| Comment(0) | 柔道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。